じゃがいもは美味しく冷凍保存が出来るの?

じゃがいもは、生のままや茹でた状態で冷凍で保存すると味や食味が悪くなってしまった経験をお持ちの人が多いです。
それは冷凍してしまう事でじゃがいもの組織が破壊されてしまい、食べる時に解凍すると水分が抜けてしまいスカスカのスポンジ状になってしまうからです。
しかしたくさん購入した時や、もらったりした時に使い切れなくて腐らせてしまうのも勿体ないですし、長持ちさせる良い保存方法があれば試したいと考えます。
しかしそれを防いで長く保存出来る方法があります。

その解消方法としてじゃがいもをあらかじめ蒸かすか茹でる、またはレンジにかけるなどをして柔らかくし、マッシュポテトにして繊維を壊しておく事で長期的な冷凍保存が可能になります。
冷凍した物はコロッのタネやポテトサラダ、ポタ-ジュなどの料理に使えますし、カレ-のル-を冷凍する時もじゃがいもをつぶしておく事で美味しく食べる事が出来る様になります。
ただし解凍した際に十分に加熱していなければザラついた食感になりますので、ポテトサラダなどに使う時はある程度まで温めて、冷ましたものを使うと良いです。
保存方法の目安としては2週間から3週間になりますが、芽の出ていない新鮮なうちにマッシュポテトにしておく事で必要な時に美味しく食べる事が出来ます。

5

じゃがいもの冷凍と解凍はどうすればいいの?

じゃがいもを生のまま冷凍してしまうと、じゃがいもの中にある水分が解凍した際に抜け落ちてしまいスポンジ状となって食感を損なってしまうので注意が要ります。
じゃがいもを冷凍する場合には主に2つの方法をとります。
1つ目の方法は皮と毒を持っている芽を包丁で取り除いた後に、冷凍した際のデメリットである水分をある程度抜くために丸ごとをお湯で茹でるもしくは電子レンジで3分加熱してから水気を拭いてジップロックなどに入れて冷凍庫に入れます。
2つ目の方法は大量に冷凍したいときにはマッシュポテトにすることです。

マッシュポテトは丸ごとをお湯で茹でるもしくは電子レンジで3分加熱してから、まだ残っているじゃがいもの中に入っている水分と滑らかな食感が好みなら小さじいっぱいずつ生クリームもしくは牛乳を入れてつぶしながら混ぜて作ります。
そして解凍方法としては既に加熱されているので、ポテトサラダのように丸ごと使いたいときには電子レンジで3分かけて解凍するか蒸し器に入れて温める方法を取るか料理によってはそのままフライパンや鍋に入れて使うという方法もあります。
そして保存期間としては細菌やカビは繁殖しなくても、そのじゃがいもの表面に霜がついてどくどくの臭いがつくので2週間から3週間をめどにすると良いです。

6

フライドポテトも保存できる?

じゃがいもは長期保存可能な食材ですが、あり余ったものをより長持ちさせる為には、冷凍をするということです。
食べる用途に合わせて、いくつかのパターンに大きさを切っておくと、後からすぐに使用することが出来ますので、とても便利です。
軽く湯がいてから冷凍すると、使いたい時に使えて、料理の時間も短縮できます。
フライドポテトにするのであれば、その大きさに切って、少し湯がいておくと、油で揚げる時間も短縮されますので、とてもヘルシーなフライドポテトを、食べることが出来ます。
じゃがいもは古くなってきたら、芽が出てきてしまいますので、そうなる前に使い切ってしまうことが良いのですが、食べきれないほどあるのであれば、冷凍をするという事も可能ですので、使用用途に合わせて、冷凍しておきましょう。

家で作る自家製のフライドポテトは、出来たてですのでとても美味しく食べられます。
今すぐ食べたいという時には、冷凍のものを開陳して、水気を切って使用します。
煮物などの場合には、そのままお鍋に入れることにより、すぐに使うことが出来ますのでとても便利です。
じゃがいもはよく使用するもので忙しい時は、こういった方法で時短料理をするのも、良いのではないでしょうか。

7

じゃがいもの冷凍と食事

じゃがいもの冷凍保存を実現することで、食事内容もより理想的なものにすることが出来る場合もあります。
食事を楽しむのは良いことだと思います。ですが一方で、美味しいと思うものをたくさん食べると太ることも。
太ったら早めに対策を練るというのが肝心です。運動をしたりといった具合でしょうか。
多くの人は食べ過ぎて太ってしまったりといったことがありますが、なかなか太れないということで困っている方も少なくありません。
太れない、でも太りたい。ここに載せるサイトを訪ねてみることをお勧めします。